リーブスインスティチュート
  創造療法® トレーニング受講案内
 
隣接の森の小道

創造療法士養成トレーニングは、途中プロセスの円熟のためのお休みの土日を含めて火曜日開始翌週水曜日終了の9日間のモジュールとして、英国ロンドン市内のリーブスインスティチュートで開催しています。御要望があり、人数が3名を超えたところで開催を決定しております。

受講前にインタビューセッション(25分、1万円)で、ご自身の人生の中で方向性を見出し、このコースが適切かどうかを見極めるお手伝いをしながら、また受講前までに各自に必要だと思われる準備などをアドバイスさせていただきます。箱庭療法士のトレーニングはこちらでご案内しております。

写真: リーブスインスティチュート・トレーニングセンターに隣接しているプライベートの小さな森です。瞑想やリラックスにご活用いただけます。

創造療法は、トランスパーソナル心理療法(サイコシンセシス)、ゲシュタルトセラピー、ボディワーク、箱庭療法、表現療法などの深層心理や無意識層にアクセスする心理療法のパワフルで深いテクニックを、ヒーリングや包容力・受容力のある存在感により、効果的かつ安全に活用できる画期的な心と体と魂のセラピーです。衝撃的な内的真実に出会いながらも、それを受け止め生かしていく自分の強さと創造力にどうぞ驚いてください。

総合的なトレーニングを通して、創造療法士としてすぐに活動できるスキルと経験に裏づく自信を持てるまでをトレーニングしてまいります。ヒーリングを受けながらの集中トレーニングにより、短期ながら実用的なスキルと知識およびセラピープロセスへの理解が身に着くよう工夫されています。セラピストになるつもりがなくても、コースに参加することで自己理解・受容が深まりますので、自分の癒しと成長の機会としてもお受けいただくことができます。

ワーク参加中には、毎日の講習後などに自分ひとりで内省することでとりそうしたプロセスをご自身で深めて受け止めていくスペース(時間・空間)を持たれるよう工夫されることをお勧めしています。トレーニングは現在、英国ロンドン市内のリーブスインスティチュートでのみ行っていますが、リーブスインスティチュートに隣接する森や、トレーニングセンターの庭などもそうしたスペース作りにご活用いただけます。

トレーニング中に、自分自身と向かい合い、創造療法士としてクライアントをサポートできるような自己鍛練や自分や人間に関する学びなども、プロとしての重要なワークとしてトレーニング内でサポートしています。講習内容は講習生に合わせてわかりやすく説明する工夫をしており、対面グループ講習の場合は、それぞれのグループのニーズに合わせて深める内容が違っていたりもします。実技もしっかり身につけられるので、学んだことが身につくのが実感でき安心です。

arrow講師・トレーナー
このプログラムはロンドンのリーブスインスティチュート仲裕美子による対面での講習以外に、以下の方が日本で指導されております。

三枝みゆきさん(マナ)
メールアドレス:info☆mana-embrace.com
吉田佳名子さん(ウィング オブ エンジェル)
メールアドレス: info☆wings-of-angel.com
横田珠樹さん(エール)
メールアドレス: tamakiwithangels☆gmail.com
岩澤紀子さん(テラ)
メールアドレス: uni☆terra97.jp
川上くるみさん(貴輝の部屋 )
メールアドレス: kawa7296☆guitar.ocn.ne.jp

創造療法受講案内:http://mana-embrace.com/school/creative_therapy
※トレーニング開催日程
2013年10月28日〜11月6日(全6日間)

ロンドンでの講義・実技指導以外にも、以下の学びを通してプロとして活動できるまでを支援します。
※箱庭療法のトレーニングコースに関しましてはこちらをご覧ください。

講義、実技指導 (ロンドンでの対面トレーニング)
個人カウンセリングワーク (ロンドンにて対面または電話にて遠隔)
スーパービジョンによる臨床指導 (ロンドンにて対面または電話にて遠隔)
起業支援 (ロンドンにて対面または電話にて遠隔)

arrow 講義要綱(モジュール内容)
技術指導・講義要綱として、以下のモジュールをご提供しております。

モジュールA: 基礎編
今までに心理学やカウンセリングの講義やトレーニングを受けたことがないなど、心理学の専門的知識に自信がない方や、常に進化する心理学の理論と合わせてブラッシュアップしたい人のために「心理療法の基礎概論」を含めております。また、カウンセリングを学んだことがあっても無くても、クライアントを相手にカウンセリングを使ったワークを提供したことがない方のために「カウンセリングスキル活用編」を最初に学びます。
ヒーリングによる癒しの存在感、スピリチュアルな視野などをこちらからの準備ワーク(5日間)で準備させていただいたものを当日覚醒しながら、活用方法を学びます。

心理療法の基礎概論
 

フロイトの精神分析心理学、クラインやウィニコットによる対象関係論、ボルビーの愛着理論、ユング心理学、トランスパーソナル心理学、現象学的心理学、ロジャースの来談者中心療法、マスローの人間性心理学、その他関係する人類進化学、脳神経医学などから進化を続ける心理学の全体像をつかみながら、自分の立ち位置を認識し、クライアントのプロセスを心理学的に解釈・理解するための基盤を作るための基礎を学びます。推薦図書などから講義の前後に深めることをお勧めしておりますが、この講義で混乱しがちな心理学の体系を、ご自身の人生・経験と重ね合わせながらすっきりご理解いただけるように工夫しております。

創造療法エッセンシャル

 

創造療法の全体像をつかんでいただくための終日講習です。デモンストレーションによる基幹テクニックの紹介、表現療法的アプローチ、クライアントの主体性とペースを尊重するクライアント中心主義的(ヒューマニスティック)アプローチについての理解や基本的な手法を学びます。

ヒーリングプレゼンス(癒しの存在感)の活用:エンパス・現象・テクニックの理解と実践
 

ヒーリングや瞑想的意識状態をセラピーの中で活用する方法を学び、修得します。存在感的状態はこちらがあらかじめ準備ワークを行う中で一人ひとり独自に準備させていただきます。ながら。また、癒しと理解を育む関係に必要なエンパスの活用の仕方や、バンダリ(境界線)の理解と活用を、エネルギー的かつ心理学的に理解しながら学びます。

バイフォーカルビジョン:相手の真実を見据える
  トランスパーソナル心理学的、サイコシンセシス的手法により、相手を顕在意識だけでなく、潜在意識やハイヤーセルフ(霊的自我)、および宇宙的側面も含めて捉えることで、クライアントがそうした領域を自らが認識し活用できる状態を促す態度の取り方について学びます。講習ではバイフォーカルビジョンで見られるだけで何が起こるかを実際に体験していただきながら、自身がそれをできるようになるまでを学びます。


モジュールB: 活用編
上記の基礎編の後か、場合によっては平行して以下を学んでいきます。受講者同士でのワークも多くあり、思いがけない発見のポジティブな驚きに満ちたモジュールとなります。

シンボルの活用:ユング、アート、物語、オブジェクト、チャネリング
 

箱庭療法、芸術療法、物語療法およびチャネリングなどで使われる集合無意識とシンボルを使った癒しと内的探求の手法について、実際に体験しながら学びます。シンボルの理解にはシンボル辞典なども参考にはなりますが、基本はエンパスによる実際の理解と癒しプロセスの促進になりますので、体験から学ぶことには大きな意味があります。

ゲシュタルト・実存主義的アプローチ
 

実存主義的かつ現象学的心理学の見地から、ゲシュタルト心理療法のテクニックを使って、「あるがままの存在の受容と理解」の心理療法的手法を学びます。いつでも目の前にある真実を受け止めるという行為は、その深さによって深い癒しと理解をもたらします。
※ゲシュタルトのファミリーコンスタレーションワークは別途ワークショップとして随時ご要望に応じて、参加人数3−4名以上でロンドンにて開催しております。グループ全体でコンスタレーション(星座的システム)を組んで行うワークのため、人数が3名の場合、現地からセラピストなどに協力参加していただく形になる場合があります

ボディワークの活用:アート、ダンス、音楽、瞑想
 

イタリアやスペインの先生方によるサイコシンセシス・ボディワーク、ジェイムス・ヒルマンも後援するロンドンのセサミインスティチュートでのドラマセラピー、ダンス&ムーブメントセラピー、ファミリーセラピーでも活用範囲が広い音楽療法、呼吸法や太極拳的ボディワークやヨガも含めた動と静の瞑想など様々なトレーニングから統合した、体と動きにフォーカスすることからの癒しと解放のテクニックなどを紹介したわかりやすい体験型トレーニングとなっています。

グローバルサイコシンセシス:自己=世界の創造
 

仲裕美子の友人でもあった故マリリン・フェルドバーグ氏(WYSE創始者)から学んだサイコシンセシスのグローバルサイコシンセシスに、シャーマン的世界観を取り入れたワークを通して、世界の中の宇宙の中の自我を見出し主体的に関わるためのワークとして指導しています。社会の中の個人、個人からなる社会への理解を促し、社会との関わりや個のアイデンティティを癒します。

 

創造療法活用指導
学んでいただいた手法や創造慮法をすぐに活用していただくために必要な、グループあるいは個人ごとのニーズに応えること目的とした講習となります。以下の内容で、講習中に含まれなかった部分の補足、および創造療法を活用していただくための指導をグループで行います。この内容はできる限りモジュールA・Bの中で紹介していこうと思っておりますので、こちらではそれを補充する目的で行うか、あるいはグループによっては必要な内容をそこでリクエストしていただきながら指導させていただく予定です。人数、内容にもより2−3時間の指導となります。別途個人指導もお受けできます。

ヒーリングの各種手法の併用について
苦悩・失敗・危機の創造的活用について
スピリチュアルエマージェンシーの理解と対応について
プロとしての心構え:倫理責任とクレーム対応について
プロセスに関する課題の提供について
その他、個人あるいはグループごとの必要に応じて内容を検討

arrow トレーニング前の準備ワーク及びヒーリングについて
以下の目的で、創造療法トレーニング開始5日前より準備ワークおよび遠隔ヒーリングを行います。このトレーニング自体が、個人が今まで受け入れられなかったような深い問題や課題への取り組みとなり、また安定した学びの機会となって、それらを実生活でも受け入れていくための基盤を作ることにもなります。
 集中的に学ぶトレーニング中の学びを深め豊かにするため内的ワークを促進する
 個人の課題を受け入れ対処できるようになるためのヒーリングや封印解除
 バイフォーカルビジョンによるサポートや理解ができるようになるための意識・能力開発
 集合無意識のエネルギーに触れてそれを理解・解釈するための叡智の伝授
 全身から癒しの存在間をあふれさせる、一人ひとりに独自のヒーリングプレゼンスの開発

arrow トレーニング中のヒーリングについて
トレーニング時間中は、一人ひとりのプロセスがポジティブに開花するのを促進するため、終始遠隔ヒーリングでサポートしています。 このトレーニングコースは創造療法士を目指す方だけでなく、そうした真摯な姿勢で自分と向き合い、かつ人に対しても思いやりと理解のある対処ができるようになりたいと願う方にも開かれています。どうぞまずはご自身のためにお受けください。それが自然と周囲や、クライアントさんや、社会的への貢献に繋がるのだと思います。


arrow 創造療法個人セッション
講習期間中に、50分3回の創造療法個人セッションをアシスタントさんからお受けいただきます。創造療法による個人セッションでのプロセスをご自身でも体験いただきながら、講習の学びを深めてグラウンディングしていただくためにご活用ください。

arrow 創造療法トレーニング受講料
上記すべて含めた受講料 39万円 
(準備ワーク、期間中のヒーリング、講習、創造療法個人セッション、グループ活用指導)
※宿泊や食事はこれに含みません。
※トレーニング終了後のスーパービジョンは含まれておりません。

arrow 日程・時間割
終日: 9:00−16:00(途中ランチ休憩あり) 
ご参加希望者に合わせて、随時開催しております。

arrow ロンドンご滞在につきまして
宿泊: リーブス事務局で個人的なご要望等に対処することが難しいため、現在は各自でご手配いただいております。ヴィクトリア駅周辺には沢山ホテルやB&B(ベッド&ブレックファスト)があり、リーブスインスティチュートまで電車で9−14分、デンマークヒル下車徒歩10分
で来れて便利です。タクシーでも15ポンド程度(約15分)で来れます。 予約サイト、ブッキングコムなどで日本語で予約できます。

リーブスインスティチュートのトレーニングセンター: ロンドン市内で比較的中心に近いゾーン2にあり、交通の便のいい場所にあります。国鉄では、ヴィクトリア駅から9−14分+徒歩10分、ロンドンブリッジ駅からは14分+徒歩10分です。バスではヴィクトリア駅(185番)、ウォータルー駅(176番)、ロンドンブリッジ駅(40番)からバスで20−30分+徒歩2分で来ることができます。人数が多ければタクシーでも15−20ポンド/10−15分程度でロンドン中心地に出ることができます。イギリスらしいジョージア朝の建物は歴史的建造物に指定されており、目の前の通りは歩くのが気持ちよく治安も安心な菩提樹やマロニエ、すずかけの木などの大木の並木道になっています。地元では有名な通りなので、迷ってもその通りの名前を言うだけで教えてもらえます。タクシーでも通りの名前だけで言えばどこからでも来れます。
もともと「障害さえも癒す泉(カンバー・ウェル)」で知られた地区にある建物は、ロンドンの中心部近くに在りながら私有の小さな森に隣接しており、お出でになる方はセンターにある鍵でその森に入ることもできます。センターにも寛げる庭とテラスがあり、全体的にリラックスした空間となっています。珈琲や紅茶やビスケットもセルフサービスでどうぞ。
ヒースロー空港から: リーブスインスティチュート近辺までは、公共交通機関をお使いいただくか、タクシーでお出でください。確実で安心なのは住所を見せるだけで確実に目的地に到着できるタクシー(ロンドン名物ブラックキャブ)ですが、到着ロビー外に通常待機しており、約60ポンド(セントラルロンドン)−80ポンド(リーブスインスティチュート近辺)で約40分で来れます。
喫煙
: センターがある建物内は完全に禁煙となりますが、お庭や外では周りに配慮していただく前提で喫煙していただけます。吸い殻などは各自で始末してくださいますようお願いいたします。ロンドンは、レストランをはじめとする公共施設や公共交通機関では完全禁煙ですが、レストランが喫煙を許可するテラス席や遊具エリア以外の公園、屋根のない駅を含む外での喫煙は許されております。
※ロンドン観光に関して詳しくはこちらではご案内や手配はできませんので、各自で御調べください。ツアーバスは、至近のヴィクトリア駅発着が便利です。パリ行きのユーロスターの乗り場にも至近駅から電車一本25分程で乗り場駅までそのまま行けますので便利です。

arrow 創造療法士資格認定
その後、スーパービジョン*による臨床指導を受けながら、セッション数にもよりますが3ケース以上を実習をされ十分に創造療法をマスターされていると判断できる場合に、全てのトレーニングを修了したとして、リーブスインスティチュートの認定する創造療法士の資格が授与されます。その後も十分なセルフケアとともに高水準のワークを常に提供するために、定期的にスーパービジョンをお受けいただくことを推奨します。

* トレーニング中のスーパービジョンは、「創造療法のスーパービジョン」としてお申込みください。アートワークや箱庭などの写真を指導時に活用したい場合には、前々日(営業日)までに事務局にメールに添付してお送りいただければセッション時に拝見できます。内容も含めてすべてセッション時にしか拝見できませんので、セッションの内容に関しては要約したものや指導の必要な点だけを記入して送ってください。

※上記のモジュールおよび内容は、グループおよびトレーニングごとに最善の内容に組みなおすなど、受講生にとって最善のトレーニングを行うために一部変更する場合があります。
※個人にもフォーカスしたグループワークが実技指導には多く含まれているため、人数により講習時間、日数が変わることがあります。

arrow お申込み・インタビュー
受講前にインタビューセッション(25分、1万円)で、ご自身の方向性の確認とアドバイス、また受講前までに各自に必要だと思われる準備などをアドバイスさせていただいております。リーブス事務局までお問合わせください。

arrow 創造療法士トレーナー/スーパーバイザー トレーニング
リーブスでは創造療法のトレーナーおよびスーパーバイザーも合わせて募集しております。
創造療法のトレーナーは、創造療法士の資格認定後、トレーニングコースを2−3回に渡ってアシストしながら指導内容を確認し、あるいは指導補助を行いながらのトレーナートレーニングをお受けいただきます。同時に個別指導を受けながら、リーブスの創造療法トレーニングを高水準で行えることを確認した上で認定します。認定後は、ご自身が開催されるトレーニングの前後、あるいは必要に応じてトレーニング中などにリーブス指定のスーパーバイザーからスーパービジョンをお受けください。創造療法のスーパーバイザーになるには、創造療法の臨床経験があり、スーパーバイザートレーニングをお受けになることが基本になります。詳しくはお問合わせください。

arrow 受講前の参考図書
初心者でもわかりやすく、気楽で読みやすく、入手が簡単な本をご紹介しておきます。 受講後はもう少し専門的な本でもわかるようになると思いますが、受講前の予習としてははこれらが分かりやすいのではと思います。
心理療法概論 : フロイト、クライン、ウィニコット、ユングの入門書。心理学の入門書(最近出版のもの)。
ゲシュタルト モジュール:  気づきのセラピー ― はじめてのゲシュタルト療法  百武 正嗣 (著)
アートセラピー、ボディ、ダンス&ムーブメント モジュール:  表現療法  山中 康裕 (著)
シンボル モジュール: 箱庭療法の世界  東山 紘久 (著)
クライアント中心プロセス: 開かれた小さな扉  バージニア・M. アクスライン (著), 岡本 浜江 (翻訳)

  • スーパービジョンの詳細につきましては、こちらをご参照ください。
  • コンサルテーションのお申込み方法につきましては、こちらをご参照ください。
  • 精神的疾病で現在投薬を受けている方、または、通院はしていないけれども精神的に不安定だという自覚がある方につきましては、講習会、ワークショップ、セッション等をお受けできませんのでどうぞご了承ください。ご家族に性寝室病の方がお出でになる場合にもご相談させていただくことがありますのでご了承ください。
  • 遠隔準備ワークが必要な講習会やワークショップ、セッション等にお申込みいただきます際は、遠隔での準備ワークにご同意いただいた上でのお申込みとさせていただきます。準備ワークの詳細につきましては、こちらをご参照ください。